• ホーム
  • 性病の薬は個人輸入で購入する人が増えている

性病の薬は個人輸入で購入する人が増えている

多色な薬と葉

性病の薬は個人輸入で購入する人が増えていることは事実です。
これにはいくつかの理由があるでしょうが、最も大きいのはもちろん病気の性質そのものでしょう。
性病という病気の性質上、たとえ病院の医師であっても知られたくない、見られたくないと思う人が多いことは理解できます。
ですから、何とかして自分で直接薬を手に入れられないかと考えても当然でしょう。

こういう場合に個人輸入というのは有力な手段です。
個人輸入というと何か非常に手間暇のかかる手続きで、今までそんなことをやったこともないような人がおいそれと簡単にできるようなものではないと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
実はインターネットで誰でもできるのです。
正確にいうと個人輸入の手続きを取るのではなくて、個人輸入という形式をとって海外から輸入された医薬品を販売しているインターネット上のサイトを利用するだけです。
実際に利用する側にとっては、特別に個人輸入という手続きを意識する必要は全くなく、大手ネット通販サイトを利用している感覚で買物が可能です。

なぜ個人輸入という形になるのか、普通のネット通販とは何が違うのかと思われるかもしれませんが、これは日本の法律が関係しています。
医薬品にはいくつかの区分があるのですが、その中には医師の処方箋が必要とされているものがあります。
こういう医薬品は処方箋が無い限りはドラッグストアなどはもちろんのこと、普通のネット通販で買うこともできません。
しかし、海外からの個人輸入であれば医師の処方箋無しに行えることになっているのです。
ですから、このルールを利用して性病の薬を個人輸入で購入する人が増えているのです。
クラミジアや淋病の服用薬はもちろん、尖圭コンジローマのベセルナクリームを通販サイトで買うこともできます。
性病は陰部の病気のため、病院に行くのが恥ずかしいという方も多いです。
そういう方のためにも、個人輸入で購入できることを覚えておいて損はないでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧